機械式駐車場の
“空き” 問題に解決策を

空きパレットを有効活用したい方

パークライダー®とは?WHAT'S PARK RIDER?

パークライダー®は各社機械式駐車場への設置に対応した
自立式駐車バイクロックシステムです。
前輪とハンドルをロックすることで機械式駐車場のパレットに
バイクを安全に駐車できるようになります。

パークライダー®の特徴FEATURE

  • FEATURE1

    バイク専用スペースの導入で
    防犯・安全面の向上

    大切なバイクをイタズラ等から守ります!
    バイク専用スペースを導入することにより、イタズラ・接触等を防止でき、ご利用者様の満足度が向上します。

  • FEATURE2

    機械式駐車場の
    空きパレット有効活用

    収入増加・入居率アップ!
    機械式駐車場の空きパレット問題の解決と、バイク利用者の入居率の向上の2つの効果が期待できます。

  • FEATURE3

    専用設計の固定ベルト(オプション)
    でさらなる強度を実現

    震度7相当の地震対策、台風対策!
    自社の強みである駐車場のノウハウを活かし、安全性・耐久性を第一に設計。数万回にわたる数々の試験・様々な改良を重ね、強度・耐久性にこだわり開発しました。
    ※実際の地震による耐震保証は致しかねます。

  • FEATURE4

    シンプル設計なので
    設置も簡単

    急なバイクの利用者にも対応OK!
    バイク利用者の入居申し込みがあった際にもすぐに設置可能です。また、平面駐車場にも設置可能です。
    ※路面状況により対応できない場合もございます。

パークライダー®導入の流れFLOW

  • 01

    機械式駐車場の調査

    パークライダー®を安全にご利用いただくためには、対象となる機械式駐車場の機種・パレット形状の調査が必要です。基本的には二多段式(パズル式・昇降式)の機械式駐車場への設置が可能です。その他機種につきましてはお問い合わせください。

  • 02

    パークライダー®の設置

    機械式駐車場に精通した作業員が、パレット形状・バランスを考慮して設置位置を決定します。施工はパレットへの穴あけ加工後に、本体と補強金具をボルトで固定する簡易なものですので、短時間で作業が完了します。万が一駐車場に戻す際の撤去も簡単です。

  • 03

    実車確認・引き渡し

    設置完了後、実際にバイクを駐輪して作動確認を実施いたします。実車を乗せて機械動作した際の振動や横揺れ、パレットのバランスを総合的に判断し、安全基準をクリアしていることを確認させていただきます。

空きパレットの問題解決ならお任せください

維持管理費を削減したい方

スマートJPMとは?WHAT'S SMART JPM?

機械式駐車場を解体したのち、ピット(地下)内に
軽量の鉄骨の柱と梁を組み立てます。
その上に鋼製の床板を載せて平面化することで、
維持管理費を9割以上削減いたします。
軟弱な地盤・建物下等など埋め戻しによるトラブルが
懸念される場所での平面化工事に最適です。

スマートJPMの特徴FEATURE

  • FEATURE1

    収容台数は
    1列あたりの台数に

    施工後はフラットな平面駐車場へと生まれ変わります。
    駐車可能台数は、既設機械式駐車場の列数が基本となります。

  • FEATURE2

    ハイルーフ車や大型乗用車が
    乗り入れ可能

    平面化することで、ハイルーフ車や大型乗用車など
    諸元オーバーにより駐車できなかったお車もご利用可能となります。1車室あたりの許容重量は2,500㎏となります。

  • FEATURE3

    維持点検費が
    ほぼゼロに

    これまで頭を悩ませていた保守点検や修繕費用等のランニングコストが不要です。2年目に無償点検を実施します。その後は使用状況により、デッキ(床板部)の定期的な塗装費用が発生いたします。

  • FEATURE4

    更新工事は
    30年間以上不要

    設置環境・使用状況にもよりますが梁部は約30年、床部で約15年の耐用年数があります。定期的な塗装作業を実施することで耐用年数はさらに倍以上となります。

  • FEATURE5

    平面化された駐車スペースは、
    様々な用途に転用可能

    平面化工事後は、平置き駐車場だけでなく駐輪場・バイク置き場、コインパーキング、カーシェアスペース、EV 充電設備など様々な用途にご利用いただけます。

スマートJPM導入の流れFLOW

  • 01

    機械式駐車場の調査・施工準備

    スマートJPMは設置箇所(屋外・建物下・地下等)、周辺環境の状況により工法が変わります。 適切なご提案のため、まずは無料で現地調査を実施させていただきます。 ご提案内容・お見積りに納得いただければ、施工準備に移ります。

  • 02

    機械式駐車場の解体

    機械式駐車場の解体は、安全対策を実施ののち、設置場所に合わせた適切な工法で実施させていただきます。 建物下・地下などの狭所での作業も、機械式駐車場の取り扱いに熟練した作業員が施工いたしますので安心してお任せください。 もちろん居住者様の安全対策も万全に実施いたします。

  • 03

    スマートJPMの据付け

    施工は溶接を一切使用しないエコ工法にて実施いたします。 通常地下2階までのピットであれば、クレーンなどの重機は使用しません。 すべて手作業にて熟練した作業員が組み立ていたします。 施工の際の騒音・臭いも抑えられ、近隣対策に頭を悩ませる必要もございません。

空きパレットの問題解決ならお任せください

よくあるご質問Q&A

Q機械式駐車場に空きが多く駐車場収入が減っているのですが何か対策はありますか?

Aパークライダー®を設置し、バイク置き場として活用することで駐車場収入の維持が可能です。また、スマートJPMで平面化後は様々な用途での活用が可能です。

Qパークライダー®は1パレットに何台設置できますか?

A現地のパレット寸法にもよりますが最大で2台設置が可能です。ゆったりと使用したい場合や、サイズの大きなバイクを駐車したい場合は、1台設置で使用することも可能です。

Qパークライダー®は、どのような駐車装置に設置できますか?

A昇降式駐車場、横行昇降(パズル)式駐車場に設置できます。その他の装置はご相談ください。

Qパークライダー®を設置するにあたり、駐車装置メーカーやメンテナンス会社の許可は必要ですか?

A許可は必要ありません。ただし、パークライダー®設置後の保守メンテナンスを拒否されるメンテナンス会社様もあります。その場合は、弊社にて保守メンテナンスを承りますのでご安心ください(お見積りの際は、以後の保守契約の見積書も併せて提出いたします)。

QスマートJPMで平面化後、駐車場以外の用途変更はできますか?

A駐輪場、バイク置き場、コインパーキング、カーシェアスペース、EV充電設備などニーズに応じて用途変更が可能です。

QスマートJPMのアフターサービスや保証はありますか?

A保証期間は2年になります。2年目に無償点検をいたします。その他お客様からのご依頼により点検・対応を行います。(当社瑕疵によるもの以外は有償となります)

QスマートJPMにした後の保守、点検は必要ですか?

AスマートJPMは定期的な保守点検や修繕は不要です。ただし、デッキ(床板)部の塗装塗り替えは環境や使用状況により違いますが、通常10年程度で必要となります。
※地下ピット内に据え付けられている排水ポンプユニットはお客様側で従来通り点検、交換を行ってください。

QスマートJPMと埋戻しの違いはなんですか?

AスマートJPMは既存ピット(地下)部分に鋼材で構造物を組み、その上に鋼製平面を載せる工法です。それに対し埋め戻しは既存ピット内を砕石で埋戻し、その上にコンクリートやアスファルトで舗装する工法です。埋戻しを行うと砕石重量により既存ピットの耐圧重量を大きく超過致しますので、地盤沈下等のリスクを伴います。建物下等の場合はその建物へ影響を及ぼす危険性が大きい為、埋め戻しはできなくなります。また既存ピットの撤去には非常に大きな予算が必要になりますので、現実的ではありません。以上の理由から、近年スマートJPMの需要が増加してきています。

無料相談CONTACT

お電話でのお問い合わせも承っております。

  • 06-6941-9989受付時間:平日09:00~18:00

    06-6941-9989受付時間:平日09:00~18:00

  • ご相談種別必須

  • メールアドレス例)abcde@gmail.com必須

  • 電話番号例)000-0000-0000必須

  • ご相談内容